大阪|排水管清掃|浄化槽清掃|貯水槽清掃|【株式会社 中尾清掃】 | 排水設備工事|浚渫|詰り直し
大阪|排水管清掃|浄化槽清掃|貯水槽清掃|【株式会社 中尾清掃】 | 排水設備工事|浚渫|詰り直し
貯水槽清掃
オゾン排水管旋回洗浄
雨水施設清掃
排水の詰り直し
浚渫及びピット清掃
河川清掃及び潜水作業
大阪|排水管清掃|浄化槽清掃|貯水槽清掃|【株式会社 中尾清掃】 | 排水設備工事|浚渫|詰り直し
リフォーム・外構工事
排水設備工事
ディスポーザーについて
管更生及び人孔鉄蓋取替
浄化槽維持管理
し尿処理施設委託管理
大阪|排水管清掃|浄化槽清掃|貯水槽清掃|【株式会社 中尾清掃】 | 排水設備工事|浚渫|詰り直し
作業ブログ
いろんな作業報告
地域の啓発事業の取組
不動産部門
大阪|排水管清掃|浄化槽清掃|貯水槽清掃|【株式会社 中尾清掃】 | 排水設備工事|浚渫|詰り直し
会社概要
取引企業・お得意様(順不同・敬称略)
お問い合わせ


大阪|オゾン旋回洗浄|排水管清掃|浄化槽清掃|貯水槽清掃|排水設備|浚渫

 
浚渫とは

下水道は、生活排水や雨水どで構成された下水を処理施設まで運ぶための施設です。しかし、下水道の流れがスムーズに行われない箇所(たるみ・木の根・油等による詰まり等)が存在すると管底部に下水中に含まれている固形物が沈降、堆積し、閉塞や悪臭などを引き起こす原因となります。このような状況を未然に防ぐためには、定期的な施設の清掃が必要となります。<br>あらゆる状況及び作業環境を考慮し、最適な清掃方法にて作業を実施いたします。


汚泥吸排車

強力吸引車とは、吸引ポンプと貯留タンクを積載した特殊車両のことです。清掃時には、吸引ポンプを稼動させ、堆積土砂などに直接吸引ホースを近づけて吸い上げます。土砂と分離した下水は排水ホースで貯留タンクから管きょに戻して、土砂だけを貯留します。真空発生装置と処理物を回収蓄積するレシーバータンクを同一車輌上に搭載し、吸引・回収・運搬・排出できる車輛です。

 
 

高圧洗浄車

高圧洗浄車とは、ポンプと水タンクを積載した特殊車両のことです。清掃時には、高圧ポンプによりタンク内の水を加圧し、ホース先端に取り付けられた特殊ノズルから高圧水が噴射されることにより、管きょ内の堆積土砂等をマンホールまで引き出します。特に小口径管の清掃時には効率を発揮します。通常、高圧洗浄車を用いて清掃する場合、強力吸引車・給水車を1セットとして施工します。排水管内に挿入して回転させ、停滞物、付着物を除去します。 

 
 

公共下水道の定期清掃

道路の下には公共下水道が敷設してあります。汚水と雨水を別々の管渠で排除する分流式と汚水と雨水を同一の管渠で排除する合流式が有ります。長い距離や合流そして曲がりの所にマンホール(人孔)があります。そのマンホールは維持管理のために設けられます。長年使用していると下記写真のように排水管が土砂や汚物等で堆積してしまいます。したがって下水道も定期的に清掃する必要ががあります。しかし5年前は定期的に行政より発注されていた定期清掃も予算の都合上少なくなり、市民からの要望または緊急でのみ清掃をするようになってきております。

 
 

 
 

雑排水槽・ピット清掃

施設や工場等の汚水槽・雑排水槽も定期的な清掃が必要です。建築物衛生法において、排水に関する設備の清掃を6ケ月以内ごとに1回行なう事が義務ずけられています。換気及び 硫化水素・酸素濃度測定後に施工します。槽内にはポンプ及びフロートスイッチが付いており故障してしまうと汚水が溢れる事もあります。また、処分についてもし尿が流入する汚水槽は区域内のし尿処理所、油分等を含む雑排水槽は廃棄物処理委託契約書を事業者・収集運搬会社・処分会社の3者契約を締結し処分出来るということになります。

 
 

会所及び排水管清掃

雨水桝や側溝、そして排水管清掃には汚泥吸排車と高圧洗浄車が最適。また、木の根についても特殊ノズルにて除去可能です。雨が降ったときに流れが悪いような時にはご相談ください。<br>本当にきれいになります。

 
 

延長距離160mの汚泥除去作業

汚泥収集場所で大型バキュームが進入できない所又ホース延長が長い場合には4tバキュームにて汚泥の吸引作業を実施し、それを10t汚泥吸排車へ移送し運搬処分する施工方法もあります。

 
 

グリストラップの清掃

厨房内の流しからグリーストラップまで高圧洗浄ホースにて清掃します。その後、汚泥吸引車でグリーストラップにたまった生ゴミ・スカム・汚泥を完全に吸い取り、内部をきれいに清掃します。吸い取った汚泥は産業廃棄物として処分します。

 
 

価格表(お気軽にお問い合わせください0120−920−646)

浚渫作業価格基準及び一般仕様(税別)                                      @浚渫作業における各車輛の1日単価(各車輌にオペレーターが1名ついております)                                     高圧洗浄車・・・・1日 ¥47.000-   汚泥吸排車・・・・1日 ¥47.000-   給水車2トン ¥40.000-    A作業員1名 1日 ¥18.000-                                              B汚泥(産廃)処分  建設汚泥の場合 ¥10.000円/t  有機汚泥の場合 ¥30.000〜40.000円/t                         ●酸素欠乏及び有毒ガス発生の危険性のある場合は換気及び酸素濃度測定が必要になります。        ●道路を継続して道路を使用する場合は道路占用許可(道路管理者へ)、道路において作業する場合は道路使用許可(所轄警察署へ)の届出、また安全対策の為の交通誘道員・安全施設が必要です。                                ●汚泥を処理する場合、廃棄物処理委託契約書(収集運搬用・処分用) を締結しなければなりません。また、有機汚泥の場合汚泥サンプル調査を実施しなければなりません。

<br>
↑ページトップへ戻る

COPYRIGHT(C)2006 Nakao Seisou Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.